サルサ名曲(歴代)

サルサ名曲ランキング

サルサの名曲ランキングです。歴代のサルサ音楽の中で、最も偉大な曲を米ビルボード誌のラテン音楽担当が選出しました。そのトップ10の一覧です。Youtube(ユーチューブ)の動画付きです。キューバやアメリカのニューヨーク、マイアミなどから生まれた世界の人気曲が上位を占めています。サルサダンスの曲としても最高です。(MOVE 中嶋秀暢)

順位 曲名と発売年 アーティスト 解説 動画
「ペリオディコ・デ・アジェール」
(Periódico de Ayer)

1976年

試聴(Amazon)→
エクトル・ラボー
(Hector Lavoe)
サルサの歴史上最も偉大な歌手の一人とされるプエルトリコ人エクトル・ラボー。 マーク・アンソニーとジェニファー・ロペス共演の映画にもなったことで知られる。 そのラボーのソロとしての2枚目のアルバム「De Ti Depende(デ・ティ・デペンデ)」に収録された。 1970年代のニューヨークのサルサシーンを最も良く体現した曲の一つとされる。 アップビートな曲調でトロピカルな雰囲気がたっぷり。 ダンスのナンバーとして今でも人気が高い。 曲名の意味は「昨日の新聞」。 「あなたの愛は、まるで前の日の新聞のようだ。 だれももう読みたくない。 朝はセンセーショナルだけど、 午後には忘れ去られている」といった歌詞になっている。 公式PV

2 「エル・プレソ」
(El Preso)

1998年

試聴(Amazon)→
フルーコ・イ・スス・テソス
(Fruko y Sus Tesos)
南米コロンビアのサルサバンド「Fruko y Sus Tesos」の代表作。 世界のサルサ界のアンセム(聖歌)のような存在になった。 曲名の「El Preso(エル・プレソ)」とは、囚人という意味。 懲役30年で刑務所に服役している男が、その苦しさを嘆いている内容。 その歌詞とは対照的に開放的なサウンドが聴く人の心を揺さぶる。 公式PV

3 「フエゴ・エン・エル・23」
(Fuego en el 23)

1969年

試聴(Amazon)→
ソノーラ・ポンセーニャ
(La Sonora Ponceña)
1954年の結成以来、親子2代によって活動を続けるプエルトリコのサルサバンド「ソノーラ・ポンセーニャ」。 本曲は、キューバ音楽が生んだ最も偉大な音楽家アルセニオ・ロドリゲスの1957年の曲を、 大胆なアレンジでカバー。「サルサ」という新しい音楽スタイルを世界に示した。 大ヒットした。 公式動画

4 「ペドロ・ナバハ」
(Pedro Navaja)

1978年

試聴(Amazon)→
ウィリー・コローンとルベン・ブラデス
(Willie Colon and Rubén Blades)
300万枚以上の売り上げ、サルサ史上最大のヒットとなったアルバム「Siembra(シエンブラ)」に収録された曲。 アルバムの全曲がヒットしたが、中でも3曲目の本曲は傑作として称賛された。
ペドロ・ナバハという架空の犯罪者についての歌である。 ナバハは、スペイン語でナイフを意味する。 犯罪がはびこる中南米のストリートの危険な日常をリアルに表現した曲として、 大きな支持を集めた。 ルベン・ブラデスならではの語り口で聞かせており、 ウィリー・コローンのアレンジも見事。 パトカーのサイレンや街の騒音が緊張感をもたらす。サビ(コーラス)の部分はサルサ音楽の中で最も有名。1984年には、この曲をモチーフにした映画の制作された。
ウィリー・コローンは、1950年ブロンクス生まれで、 トロンボーン奏者や歌手、プロデューサーなど多岐にわたる活躍をし、ニューヨークサルサを象徴する音楽家の一人となった。 一方、ルベン・ブラデスはパナマ出身の歌手。コローンとのコンビによって大ブレイクし、後に音楽による社会変革を目指した「新しい歌」運動の推進者の一人としても知られるようになった。
公式動画

5 「ビビール・ミ・ビダ」
(Vivir Mi Vida)

2013年

試聴(Amazon)→
マーク・アンソニー
(Marc Anthony)
マーク・アンソニーによって10年以上ぶりのオリジナル・サルサアルバムとなった「3.0」からの最初のシングル。 情熱たっぷりの歌いっぷりで、ラテン音楽界を席けんした。 アルジェリア出身のベテラン歌手ハレドが2012年に発売した曲「C'est la vie」(セラビ)」のカバー。 歌詞をフランス語からスペイン語に変えた。 ラテングラミー賞の最優秀レコード賞を受賞した。 公式PV

出典:https://www.billboard.com/articles/columns/latin/8458665/best-salsa-dance-music-songs-of-all-time